その問題の真因は何か。

 
企業は多かれ少なかれ問題を抱えています。でも、それは当然です。
なぜならば、問題とは「現状(As is)とあるべき姿(To be)の差(ギャップ)」だからです。
 
問題を正しく把握すること。
その根本的な原因(真因)を追求すること。
実現可能な解決策を導き出すこと。
それを実行すること。
そして一番大切なことは、問題解決につなげる(結果を出す)こと。
 
その問題は自社内で解決できるかもしれません。
でも、それをより短い時間で、より少ない費用で、より高い成果を出すのが
コンサルティングの役割であると当社は考えております。

PAGE TOP