ものづくり補助金に「広告宣伝費・販売促進費」

4月17日、ものづくり補助金(2020年実施)において、特別枠で「広告宣伝費・販売促進費」も補助対象経費となりました。



同日更新された「公募要領〔一般型(特別枠含む)〕(2次締切分)」には『新型コロナウイルスの影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者に対して、通常枠とは別に、補助率を引き上げ、営業経費を補助対象とした「特別枠」を新たに設け、優先的に支援します。』との記載が追記されました。

具体的には、補助対象経費に「広告宣伝費・販売促進費」が追加され、補助事業と関係すれば、「開発する製品・サービスにかかる広告(パンフレット、動画、写真等)の作成及び媒体掲載、展示会出展(海外展示会を含む)、セミナー開催、市場調査、営業代行利用、マーケティングツール活用等にかかる経費」など、広く営業経費が対象となるようです。
さらに、補助上限額も「補助対象経費総額(税抜き)の3分の1」と大きな金額です。

ものづくり補助金の正式名称は「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」で、本来、生産性向上のための補助金です。それが特別枠とは言え「広告宣伝費・販売促進費」も補助するのは異例ですね。今回の新型コロナウイルスの影響の大きさを物語っています。